株式会社ライフステーション

ID・パスワードを忘れた方 »

マイページ
現地販売会
お客様の声
売却をご検討中のお客様へ
センチュリオン受賞
NPO法人 ハウスドットコムは家づくり無料セミナーを毎月開催。
住まいネット
  1. ホーム > 
  2. 会社紹介 > 弊社の理念
弊社の理念
pix01

ここに住む人だけでなく、近隣から足繁く通う人にも愛されている二子玉川。
この街の象徴として「玉川高島屋ショッピングセンター」を思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。

1969年に日本初の郊外型ショッピングセンターとしてオープン。
本館だけでなく「ケヤキコート」や「ガーデンアイランド」など、いくつもの建物にまたがっており、ほどよいクラシカル感に絶妙な清楚さが加わった一大ショッピングスポットは多くの人の心を惹きつけて止みません。

しかし、そういった街としてのブランドイメージだけでは二子玉川の魅力を語りつくすことはできません。多摩川沿いの緑豊かな美しい情景の中で休日をゆったりと過ごす家族連れの笑顔は、清々しい自然の心地よさが身近に感じられることの大切さを教えてくれているようです。

多くの人に愛されてやまない二子玉川。
私達はこの街での暮らしがいつまでも魅力的であるように願っています。

pic02

ここに暮らす人にも、ここに訪れる人に愛される街。それにふさわしい住まいをプロデュースする。私達は住まいのご提案のプロセスの中で“憧れ”や“希望”というキーワードを大切にしています。

たとえば賃貸物件のプロデュースをする場合、一般的にはさまざまなコストと家賃相場や入居率のバランスを鑑みて概算をはじき出し、想定するターゲットを絞り込んだ上で初めて具体的な建物の配棟や戸当たり面積、デザイン等を検討します。しかし、それだけで本当にこの街に暮らしたいと願う人のニーズを将来にわたって充たし続けることができるのでしょうか。

私達は、住まいをプロデュースする側の“憧れ”や“希望”も、魅力的な建物づくりの重要なファクターになると信じています。 ただ、ありきたりの建物を無難につくる。当然そういったニーズも世の中には存在するでしょうし、必要な建物かもしれません。

しかし私達は、「暮らす時間、過ごす時間」こそ大切にすべきだと考えています。ありきたりの日常をドラマチックな思い出に変えてくれる住まい。 もし、存在するならば多くの人は暮らしたいと願うことでしょう。そして存在しなければつくり出すしかありません。

時代は変化し続け、それに伴って住まいに求められるものも大きく変わり続けています。しかし、それらを注意深く観察し続けることで常に変わらない普遍的な価値も存在していることに気づかされる瞬間があります。
その一つが「コンセプトのはっきりしている建物は明快な魅力を放ち続ける」ということです。

人の趣味嗜好は生まれ育った地域や環境によって大きく左右されます。多くの人は自分が生まれ育った環境に似ているものか、全く反対に位置するものに対して良いという二極化した評価が浮かび上がります。

しかし、本当のニーズというものはもっと別のところにあるのではないかと私達は考えています。
多くの人が気づかなかった、あるいは想像もできなかった、それでいて魅力的なものと出会ったとき、人の心は大きく動きます。その新しい出会いを生み出すために私達は知識を集め、知恵を絞り出す必要があるのです。

住まいをプロデュースする側の“憧れ”や“希望”こそが、新しく魅力的な住まいを生み出す原動力となることでしょう。

pic02

今この瞬間がそうであるように、ある住まいの中で過ごされる誰かの一瞬というものは、人生の中で二度と訪れることはありません。決して巻き戻すことのできない、そしていつか大切な記憶へと変わるその瞬間をドラマチックに演出してくれる建物とはどういうものか。問い続ける長い道のりこそ、私たちが企業として紡ぐべき歴史そのものでもあります。

まず重視されるべきは建物としてアイデンティティです。強い個性を放つことで、無二の魅力を発信すること。それが永く愛される建物の必須条件だと言えるでしょう。

たとえば自分の住まいに、ほかではなかなか見られない特徴的な魅力があれば誰かを招いたりすることが今まで以上に楽しくなります。結果的に多くの人と触れ合う豊かな人生を送ることへと繋がる事でしょう。

技術の進歩と共に、従来では困難だった意匠や空間性が実現できるようになりました。それらを活かすことで単に機能的に優れた建物だけでなく、遊び心や個性を取り入れた建物をつくることが従来より容易になった現在、求められるのは建物をプロデュースする側の自由な発想です。